補聴器についての考え方
トップページ >

補聴器についての考え方

補聴器についてご存知ですか?

聞こえる喜び、話せる楽しさ。

補聴器にも専門技術者(フィッター)がいることをご存知ですか?

御坊市と日高郡のエリア内で補聴器を扱っているお店は眼鏡店か電気店で、そのうち認定補聴器専門店は2店舗しかなく「ごぼうめがね」は、そのうちの1店舗です。

補聴器の調整には、各補聴器メーカーが独自にフィッティングルールを提供していますが、これが当てはまる人が100人中何人いるかというと、ほとんどいません。標準値だけに頼っていては絶対にうまくいかない。それをいかにしてお客様にご満足いただけるフィッティングに持っていくかが、私たち認定補聴器技能者(フィッター)の腕の見せ所です。

わたくしどものフィッティング技術

フィッターにはそれぞれ癖やこだわりがあって、10人のフィッターがいれば、10通りのフィッティングがあります。

たとえば、音がガンガン入るのを好む人もいますが、私どもが重要視しているのは、補聴器をつけていることを忘れるくらい自然に聞こえる『柔らかい音』をお聞かせすること。
当店へは初めて補聴器を装用される方が多く来られますが、「言葉の聞き取り」よりも、「違和感なく補聴器を装用出来る」ことに主眼を置くフィッティング技術にご好評をいただいております。

あなたの耳をオーダーメイドする

私どもフィッターは、皆さんそれぞれのご要望に応じ補聴器調整をオーダーメイドするように仕上げるのが役割です。

まず、最初のフィッティングでは不快な音をなるべく聞かせないように最小限のバランスで調整し、補聴器に慣れるというステップを踏みます。そして、2回目、3回目とお客様のフィーリングをお伺いしながら微調整を行います。これらを経て、補聴器の機種を決定します。4回目以降に耳型を採取してイヤモールド(耳栓)を作ります。耳穴型補聴器をご希望の方の場合には、ここで耳型を採取してオーダー補聴器を作成します。そして、5回目以降に補聴器をお渡しする流れとなります。

ごぼうめがねが選ばれる理由

  1. ご自身の体の一部となるようにオーダーメイド感覚で、確実に補聴器を仕上げます。
  2. あなたの耳が納得するまで、何度でも試聴を繰り返していただけます。途中で返品されても費用は一切かかりません。
  3. お支払いは、最終調整が終わってからのお支払いとなります。
  4. 用事がなくてもいつでも遊びにきていただけるお店づくり。

地域のみなさまへの感謝

補聴器も眼鏡もフィッティングの技術は、お客さまから信頼されるためのお店の最も重要なポイントであり、当店の最大の強みは、お客様との間に築いた信頼関係です。エリア一帯に、何百人という"営業マン"がいて、何も頼まなくても「あんたの補聴器ピーピー鳴ってるから、"ごぼうめがね"で見てもらい」というありがたいご紹介によって、当店が成り立っていると言っても過言ではなく、新規のお客様のほとんどは、そうした口コミでご来店を頂いており、安心してご相談頂ける認定補聴器専門店であると自負しております。

聞こえに何らかの不安をお感じになられたら、遠慮なく「ごぼうめがね」にご相談ください。正確な聴力測定の上、カウンセリングさせて頂きます。

認定補聴器技能者と認定補聴器専門店について

認定補聴器技能者

認定補聴器技能者とは 補聴器の専門家であり、耳と音、補聴器と聞こえの専門家である認定補聴器技能者は、 補聴器を使うすべての人のアドバイザーであり、同時に最高のフィッターです。

次々と開発される新しい補聴器の機能を研究して装用者にとって最適の機種の選択と 調整を行える補聴器の専門家です。

認定補聴器専門店

認定補聴器専門店とは、財団法人テクノエイド協会が補聴器販売店からの認定申請に基づき、その店舗の補聴器販売事業が、 補聴器の適正な販売を行うために遵守すべきものとして定めている下記の「認定補聴器専門店業務運営基準」に適合して 行われていると認定し、 当協会の認定補聴器専門店登録簿に登録し、認定証書を交付している補聴器販売店です。

認定補聴器専門店認定証書
聴器協議会による資格審査を経て、テクノエイド協会の認定補聴器専門店名簿に登録された認定補聴器専門店には、認定補聴器専門店の「認定証書」、「認定プレート」及び「ステッカー」が交付されます。
なお、認定店の資格の有効期間は5年で、認定店の資格の継続を希望する場合は、認定更新を申請し、改めて補聴器協議会の認定更新審査を経て、テクノエイド協会の認定補聴器専門店登録簿に認定更新の登録をうけなければなりません。

「ごぼうめがね」で補聴器をお買い求めになるまでの手順

どんなに高価な補聴器でも一人一人に合わせて音の出し方(フィッティング)をしっかりと行わないと宝の持ち腐れになってしまいます。
そのために新しく補聴器を満足いくまで調整するには、最低でも4回のフィッティング微調整が必要になります。

カウンセリング どんなときに不便を感じるのか、どのような音が聞こえにくいのかなど、現在の聞こえ方をできるだけ詳しくお伝えください。また、補聴器に関する疑問や不安なども、ご相談いただけたらと思います。 カウンセリングイメージ
聴力測定 現在の聴力を正確に調べるために、純音聴力測定と言葉の聞き取りテストを行います。 聴力測定イメージ
補聴器の機器選択 聴力測定の結果をもとに、ご自身の聴力や目的に合った補聴器を選びます。
フィティング お客様の聴力の状態に合わせて、補聴器の音域や音質、出力など、きめ細かな調整を行います。当社は、実際に使う補聴器をつけて行う聴力測定「実耳フィッティング」によって、短時間で正確な調整を可能にしました。 フィティングイメージ
試聴 さまざまな環境で、言葉がどのように聞こえるかお試し頂きます。 試聴イメージ
ご購入 気に入った補聴器が見つかれば、ご購入となります。補聴器は、一人ひとりの聴力や耳の形に合わせて作っていますので、その場で持ち帰ることはできません。通常、補聴器の製作には1週間ほどかかります。ご了承ください。
アフターフォロー 補聴器ご購入後も、あらゆる環境での聞こえ方を確かめながら、さらに調整を重ね、満足いただける補聴器に仕上げていきます。少しでも気になることや不具合がありましたら、すぐにご相談ください。
当社の補聴器なら、お買い上げの日から2年以内に生じた自然故障については無償で修理いたします。そのほか補聴器の点検、定期的な聴力測定などにも対応しますので、お気軽にご来店ください。
ページ上部へ